ブログトップ

ラッピーを狩る男のマイシップ

rappyhunt.exblog.jp

PSO2のシップ6で「ラッピーを狩る男」を自称している者のブログデス。

機動戦士ガンダムUC 第01巻 「ユニコーンの日」感想

一週間ほど風邪で寝込んでいました。
まだ完全に治っていないので、もう少しPSPO2はお休みするかもしれません。

休んでいる間出来ることといったらビデオ見るくらい…。
ということでユニコーンをたっぷりねっぷり観賞致しました。
ついでに今更エヴァの序1.11も観たのだけど、まあそっちはほとんど変わらないので省略。




ということでネタバレ有り感想(笑)
ネタバレガンガンなので、そういったのを嫌う方は見ない方がいいかと思います。
とりあえずまだ視聴してない人は読むの禁止w




まずプロローグ。
西暦が終わり、宇宙世紀が始まるシーン。
いかにもな感じで始まるのがいいですねえ(笑)
アナウンサー「さよなら西暦、ようこそ宇宙世紀!」
そして大統領演説。
このあたりの流れは、本来ならナレーションでも済ませられることではあるのですが、今回敢えて全編ナレーション無しになったようです。
「永井一郎」ナレーション期待していたんだがな…。
そして衝撃のシーンの後にサイアム・ビスト(老人)登場。
おいこれ声が永井一郎じゃねえかw
…つまりファーストガンダムのナレーション(永井一郎)=サイアム・ビストという意味ですな。
まあこれならナレーションが無いのも納得は出来ます。

クシャトリヤとジェガン(スタークジェガン)との戦闘。
まずクシャトリヤのビットの動きがいいですね。ちゃんとUC版の動きになってる。
そしてジェガンのやられっぷりに噴いた。
でもまあヤラレメカなりにカッコイイやられ方しているので満足。
スタークジェガンがヤラレメカの意地をみせてくれて素晴らしかったです。
対等に近い戦いをしてくれたしね。
そういやビームサーベルの色が連邦はピンク、ネオジオンは緑になっていますね。
このあたりの差別化も分かりやすくていいです。
んでスタークジェガンの奮闘むなしく戦闘終了。
クシャトリヤのコクピットからビットの収納シーンが拝めるのですが、これがまた細かくてイイ!
収納の時だけ収納部の袖部分がモニターに映され、収納後モニターからモザイク状になって消えていく。
こういう演出とかゾクゾクしてしまいますよw
昔から「ガンダムの全天周モニターって腕とか足が映る場合、コクピットからどう見えてるんだろう?」という疑問が多少なりともあったのですが、「これが完全な解答です!!」と言っている感があります。
思わず「おお!こういうことか…」と呟いてしまいましたよ。
そして顔を見せるクシャトリヤパイロットのマリーダ(女性)。
この辺知ってる人は思わずニヤニヤしてしまうでしょうな。
まあそのへんはZZ参照と。

いよいよ主人公バナージ登場。
イケメン(?)なのはいいとして、最初っからハロを抱えて持ってるのはどうかと思うぞw
まあ父親からの唯一のプレゼントだし、色々事情があるのは分かるけどね。
ファースト世代からみると、主人公と一目瞭然なのはいいかも。

ザクの残骸登場。
おいこれもしかしてファーストの…。
コクピットだけ破壊されているザクです。原作だとこのシーンは別のモビルスーツだったらしいのですが、これは良変更ですね(笑)
アムロが破壊したザクなのかどうかは分かりませんが、当時ザクをコクピットのみ破壊するという神業が出来るパイロットはほぼ皆無でしたし、このコロニーがアナハイムの関連施設というのがどうもくさい。
資料として、あのザクを回収していたのかもしれません。
しかしまあ…わざわざ怯えてるようなポーズさせてるのがニクイですなwwww

オードリー登場。
ZZまでしっかり見ていた人には、この方が何者かは一目で分かりますよね。
しかし本当に美人に成長したね。
実の父親があれだけガチムチでイカツイ顔だったのに。
母親似で本当に良かった。
ヒロインの危機を主人公が助けるのは基本ですよね?
プチモビでバナージが助けるシーンはリアルで良かった。
プチモビはZの頃から全然変わってないのですが。
これが活躍するシーンは結構貴重。
ZZくらいしかほとんど出番無かったからなあ。
ハロが爆弾のマネをするのには笑いました。
昔っからハロは色々役に立ったからね!!

ロンドベル隊登場!
このベルマーク…確かにロンドベルですハイ。
逆シャアからまだ3年しかたってないですからね。
そしてリゼル。
Z系シルエットがカッコイイです。
リゼルの前機種リ・ガズィは、一度飛行形態からモビルスーツ形態になると、飛行形態に戻れないという欠陥を抱えていたのですが、リゼルは変形機構にメタスのを取り入れたので変形問題は解決。
実質現行の量産機になっているようです。
ネェル・アーガマ…凄く懐かしいです。
でも逆シャアの時はアーガマ出てこなかったんですよね。
てっきり解体されたか沈められたのかと思ってました。
さすがに艦長はブライトじゃ無いですが。
ロンドベル旗艦は逆シャアの時から別でしたから仕方ないですがね。
逆シャアの頃より大所帯になっている気がします。

そして派手な戦闘シーンが続く続く!
クシャトリヤVSロンドベルのド派手な戦闘がコロニー内で始まります。
ちなみにロンドベルとは違う別働隊も暗躍しているようですね。
よく分からないのですが。
しかしまあ、人が死ぬ死ぬ…。
バナージの同期もほとんどがビーム一閃で蒸発!
先生もモビルスーツの核爆発で蒸発。
コロニー内はあっという間に一面火の海。
ロンドベル隊としては、正直もうちょっと自重して欲しかったのですが、まあこれが戦争か…。

色々あってバナージがユニコーンに搭乗。
最初の起動音に注目!!
そう、初代ガンダムと同じです(笑)
こういう細かいこだわりがいいのですよ。
NT-D発動!
いきなりコクピットが変形。
一転拘束具のようにw
「うわぁああああアッー!」
ウホ。
そしてアーガマの目の前でデストロイモードへ変形!
うぉおおおおお!み・な・ぎ・っ・て・き・た・!
終わり。

おぃいいい!ここで終わりカヨ!
盛り上がり最高潮のところで終了です。
これはコレでアリなんですけどね。
他の部分で盛り上がりが無かったら、下手したら苦情もんですよ。
今回非常にしっかりした作りで物語に起伏があったおかげで、ここで終わっても十分満足出来ました。
しかし次は、最初っからクライマックス状態で始まるんだが大丈夫なんだろうか?
ともかく非常に楽しみです。

総評。
ここ最近見たアニメではダントツに面白かったです。
満点といっても過言ではないかと。
まあガンダムを知らない人には敢えてオススメしませんが、知らない人が観ても楽しめる作りになっていると思います。
しかしここまでクォリティが高いと、次巻以降が逆に心配です。
半年分の期待が圧し掛かりますからね。
まあこのスタッフなら大丈夫だと自分は思いますが。
あえて不満を言うとすれば、オマケ要素が全く無いということかな。
次回予告すら無いしなあ。

なんかブルーレイ版は、BD-Live機能とかで映像が増える(?)とかいうのを聞いたのですが。
番宣などの高画質版が観れるようになるそうな。
なんかDVD版買った人間からすると、凄く不公平な感じがしますがね。
[PR]
by rappy_hunter | 2010-03-18 20:44 | その他